テイルズウィーバーでの出来事

« 2017.08. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]    
   Category:スポンサー広告 
東野奎吾さんの『さまよう刃』読み終わりました

1462628984_26.jpg


本の後ろに書いてる概要をのせます
ネタばれが嫌な人はみないでください






会社員・長峰重樹の一人娘・絵摩が死体で発見される。悲しみに暮れる長峰だが、数日後、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。逡巡の末、電話で言われたアパートへ向かう。留守宅へ上がり込み、部屋を物色すると、複数のビデオテープが見つかる。そこには、最愛の娘・絵摩が犯人2人に陵辱されている映像が写っていた。偶然帰宅した犯人の一人・伴崎敦也を惨殺した長峰は、虫の息の伴崎からもう一人の犯人・菅野快児の潜伏場所を聞き出し追う。

少年犯罪被害者の悲痛の叫び、正義とは一体何なのか、誰が犯人を裁くのか。思いも寄らない結末が待ち受けていた。






読み終えたけど
テーマがテーマなだけにものすごく重い気持ちになった
少年法ってなんのためにあるんやろうか…


娘を蹂躙され、あげくのはてに殺された父親の気持ちは計り知れないとおもうし、仮に犯人の少年が警察に捕まっても少年法によって罪は驚くほど軽くなる


父親の気持ちはわかるけど人殺しはいけないってのが正論なんやろうけど、もし自分がこの父親の立場になったら同事いえるんかなぁとか思った



警察っていうのは何なんだろう


正義の味方?


違う。


警察はただ法律を犯した人間を捕まえているだけ。


警察は市民を守っているわけじゃない


法律が傷つけられるのを防ぐために必死になって駆けずり回っている


ではその法律は絶対に正しいものなのか。


絶対に正しいものなら、なぜ頻繁に改正が行われる?


法律は完璧じゃない


その完璧でないものを守るためなら警察は何をしてもいいのか


人間の心を踏みにじってもいいのか



父親の復習は阻止すべきなのか?


もし父親が復習する前に少年が警察に捕まるとする


掴まったとしても現在の少年法のせいでさほど重い刑罰をうけずにすぐに刑務所から出ることができる


少年法はなんのためにあるのか





この本を読んでいろいろ複雑な気持ちになりました…(・д・`)


朝からダークな話してごめんなさい(`д`)


でもすごいおもしろいから是非読んでみてください!
スポンサーサイト
[ 2010-04-18 (Sun) 09:08 ]   Comment(1)  TrackBack(0) 
   Category:未分類 
written by 彡優彡
ちょっとだけ背中がぞくっとした。
2010-04-24 (Sat) 00:01 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ronaujinyo.blog104.fc2.com/tb.php/763-14a37d44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。