テイルズウィーバーでの出来事

« 2017.08. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]    
   Category:スポンサー広告 
あーイラつく!


とか


あー今日はなんかだるい~


とか


天気の日は気分がいいけど雨の日はだるい~


とか


僕たちはいろんな感情をもってます



今日はちょっとだけためになるお話を(たまには)してみようと思いますw




僕たちの脳の中には視床下部という輩がいます


こいつはなかなかイケてるやつで


体の中のホルモンを作ったり感情をコントロールしたり食べたり飲んだりする量を調節したり体温を調節したりとなかなかのエリートさん



あとは自律神経のコントロールもおこなっちゃったりしますv



自律神経ってなんやねん!ってなるかも


自律神経ってのは簡単にいうと脳でてる神経のことで内臓うごかしたりいろいろやってくれる頑張り屋さんですね



こいつがやられてまうと結構大変なんですね。


自律神経には2種類あって「交感神経」と「副交感神経」があります



交感神経ってのは簡単に言うと運動したり闘争心むき出しのような状態をイメージしてもらったらわかりやすいかもです


交感神経が働くと血管がギュ-ッと収縮して細くなって血圧があがったり心臓バクバクなってアドレナリンドクドク!って感じですw

血の流れがいいから筋肉も働きやすい!ってやつです


ちなみにストレスがたまると交感神経が働きやすいといわれてます




副交感神経ってのはリラックスしたり休息したりする状態を言います


今日記を書いている僕は副交感神経優位な感じです(笑)


血の流れは穏やかで気持ち的にも落ち着いた感じ。でも食べたものを胃でとかしたり腸で栄養吸収したり排泄するときは副交感神経がいっぱい働きます。



普段意識をしなくてもこの二つがバランスよく働いてくれていますv



すごいね!








だがしかーーーし、




自律神経のバランスが崩れたらえらいことになります



交感神経が強く働きすぎてしまうと炎症をおこしやすくなってまいます。肺炎とか胃潰瘍なんかがそうです。

ストレス感じすぎはよくないですw



逆に副交感神経が働きすぎると免疫が低下します。アレルギーかかっちゃいます。アトピーなんかもそう。


最近の子供に多いようです。

なぜか?


最近の親は過保護にしすぎたり親があまり注意しなかったりあとは学校でも怒られません。訴えられますし。


なので子供たちは昔に比べるとストレスを受けることが少ないです。
ストレスを受けることが少ない現代っこにこういうアレルギー症状が増えてきていると報告されています



だかーら!


子供には適度なストレスは大事!ほどよく厳しくするのも大切だということです!ママさん必見ですよ!




あとは天気。



天気が悪いと「なんかダルイなー」とか「やる気でないわー」とかなりますよね



あれも自律神経が関係してます




天気が悪いと気圧が下がるのでするので副交感神経が優位になります

天気が良いと交感神経が優位に働きやすくなりますv



これは研究でも明らかになっているそうで。



雨が降ってる→低気圧→副交感神経が優位→脈拍が普段よりも少ない→血の流れが緩やか→全身の臓器が働きにくい→血が緩やかなので筋肉も働きにくい→【なんかだるい】【やや欝思考】


となります



逆に、晴れてたらなんかスカッとしてて出かけたくなりますよね!あれは交感神経君が働いているんですw



あと医療人としてひとつマメ知識をいうと



手術後の患者さんは入院中心理的にも肉体的にもすごいストレスがかかります。

動きたいのに動けない!
おいしいもの食べたいのに食べたらあかん!
はたまたあなたの病気はもう治りません!なんていわれた日には・・・

そう。患者さんは交感神経の興奮状態がものすごく続いています。


イライラするなというのは無理です。
そりゃ交感神経がバリバリ働いて興奮状態ギンギンだと眠れません。
痛みも増します。
しかもそういう状態だと内臓が良い感じに働いてくれないので便秘になったりいろいろ問題がでてきます。



これはあまり知られていないというか医者でもあんまり意識してなかったりします(実際)


最近の研究で術後の患者さんは自律神経のバランスの崩れによる合併症が増加傾向にあるということがわかってきました



つまり!


入院してる人にはできるだけ副交感神経を働いてもらいたい!



癌を笑いで治す。


よくいったもんです!理論的には正論らしいです。



リラックスする
笑う
食事


これらは副交感神経が働きます



患者さんにはできるだけリラックスした環境でおいしいものたべたり何気ない会話で笑ったりすることはすごく大切!



癌っていうのは交感神経が優位に働きすぎることでなるということも研究でわかってきてます


副交感神経を優位に働かせることで癌の進行を遅らせたり予防したりする治療の研究とかも行ったりしてるそうです



やっぱり笑顔が大切!


患者さんには時には何気ない会話でコミュニケーションをとって笑ったり、時には親身になって悩みを聞いたりすることはすごい大事なことなんだと!


患者さんがイライラしたりするのは当然なんだと!


それは環境がそうさせているんだと!



意識するのも大事なのかもしれませんねv



もっと細かく説明するとややこしくなるので結構ざっくり書きましたw



役に立った!とかおもしろい!とかへー。って思ったらイイネかコメントをいただけたら喜びます


第二弾とかも調子にのっていつか書くかもですw
スポンサーサイト
[ 2011-10-20 (Thu) 00:58 ]   Comment(1)  TrackBack(0) 
   Category:未分類 
written by ハチ公
4kq73R35
ダイエット効果まであったりして(笑)
ぽっこりお腹も無くなって、さらにさらに…
http://3LQj616G.to-hoku.info/3LQj616G/
2011-12-08 (Thu) 06:35 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ronaujinyo.blog104.fc2.com/tb.php/815-838bcb6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。